NEWS

僕が週休2日に変えた理由


僕が週休2日に変えた理由

今まで5年ほどくらいでしょうか、週1休みが基本、たまにもう一日休むというペースで月に4、5日休みでやってきました。ただひたすらお店に、できるだけ多く立ってお客様を担当するためになるべく多く出ることが大事だ!と。忙しくしている自分万歳!たる姿勢でつき進んでました

 

そして28歳 美容師7年目となり気づいた

”美容師もしっかり休まねば” と

お客様に良く言われるのが、「今日はわりと暇な日ですよ〜」と話しても

「いやいや、野田さんいつも忙しそうじゃないですか〜」と。

僕がかなり忙しそなイメージを持っていらっしゃる方が多いんですよね。

 

「安心してください、やすんでいます^^」

 

でも美容師ってそのイメージはあるじゃないですか。休みがなく拘束時間も長い。。とにかく仕事している時間が長いでしょうから。タフですよね〜って感じで。

僕はその世間的なイメージをこわしたいんですよね。ただハードワークなイメージを抱かれる美容師の業態に、染まらず、あえて逆をいっていきたいと(でも最近は週休2日のサロンは増えているからすこしづつ業界は変わっていっています)

そして、ちゃんと休んでゆとりを持って働いていますよ〜と皆様に感じてもらえればと。

しっかり休み、しっかりパフォーマンスを

そんな美容師であります。

 

※今のところ現状、野田の予約が週休二日になり極めてとりづらくなるような状態にはなっていなく、予約のゆとりは全然ありますのでご安心ください。まだまだ僕は動けます!

(暇あります!)

 

外国人風デジタルパーマ原宿表参道青山

 

そしてここからが更に。。。

 

やはり今後のことを考えた

自身の次のステージアップ

一番はこれ。今年で29歳になりますが、今後の自分の活動の軸を作る為の時間が必要になってきました。基本は日々のサロンワークがだいすきです。しかし意図的にサロンに立たない日を作らないと今以上の個人の力・美容師力はつかないのではないかと感じて、時間足りるかな?と考えました。

今後、美容師 野田ともる自身の”質”を磨く。個人力が身についたら

自分が主体になって考えるお客さまのための空間を作りたい。自分が磨かれていないと、本当にいい空間は考えられない。だから磨く時間が更に必要

[最高の場所でお客様をむかえ、最高の髪型をデザインさせていただく場所をつくる]

そう、よくいう「美容師の独立」ですね。

自分が考えた空間でお客様をむかえ入れたいんです。

独立するぞー!!とかそんな勢いでなく。最近になり動機が強まってきました

お客さまに、良い美容室空間を提供したい→だから自分のお店を作らなければいけない→今の自分では未熟→更に自分磨く→だから自分の時間が必要→更にパワーアップした野田がヘアデザインできる→たくさんの方に喜んでもらえる→みんなwinwin→最高の美容室が完成 となっていきます。

ただ独立すれば良いんだとは考えていなく、必要があればそうするべきだと思っていました。その動機がフツフツと強くなりつつある。。

何年後かはわかりませんが具体的に行動していきたい時期にさしかかってきたので、週休2日になることで“髪をデザインする”以外の知識・技術を身につけていきます。少々時間を頂きますが、パワーアップしていく美容師 野田ともるをどうかよろしくお願い致します!!

 

ちょっと真面目なお話でした^^

 

そして本日、急遽予定に空きがでたので

突然ですが16時以降で当日予約受付開始しました!

ご来店お待ちしてます〜!

 

 


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /