パーマヘアの仕上がり

ロングのパーマ=傷むに終止符を打つべく考案「リタッチパーマ」


パーマ得意美容師の、GAFF野田です。
さて、今回は

デジタルパーマのあまり知られていない最大のメリットをご紹介します。

そもそも、僕が本当にデジタルパーマを好きになり得意になったのはこの理由といってもいいくらい。

パーマをかけるうえでお客様が一番気になるのはパーマヘアを続けていくうえで負担となる髪のダメージや、パーマを掛け直す頻度。

何回もパーマをかけ直すと髪はどうなるのか?

当然髪は痛みます。パーマが緩くなったとはいえ一度パーマをかけた部分にまたしっかり掛け直すと、かかったはいいがダメージ負担がでます。それと一度パーマかけてある部分が強くなりすぎたりとかのトラブルも。ヘアカラーが異様に暗く染まりすぎてしまう危険性も。(それは美容師さんの腕次第ですが)

ではパーマヘアで常にいい状態をキープするにはどうしたらいいのか?

これが最大のメリット!デジタルパーマなら「リタッチパーマ」という方法で毛先にダメージ無しでパーマを上手くかけなおすことが可能

リタッチパーマってどうゆうことかというと、根元だけ染めるヘアカラーで言うリタッチカラーとにています。

かけたいところだけパーマをかけ直すのがリタッチパーマ

普通のパーマでは、どうしても一度パーマをかけた部分にまで薬をつけていかねばいけません。しかし、デジタルパーマであれば
“パーマがいい感じに残っている部分にはパーマ液をつけないことができるのです”
写真で見てみましょう。

このように毛先にはパーマ液つけないでやっていきます。少しでも毛先にカールが残っていればかけ直すパーマと綺麗に繋がってくるのです。

リタッチパーマで毛先には薬をつけずにパーマをかけたお客様の仕上がり

外国人風デジタルウェーブパーマの髪型

毛先に緩くパーマが残っていた部分とかけ直した部分が綺麗に上手く繋がりパーマのウェーブがでています。
ちなみにこちらのお客様はブリーチはしていなく、外国人のお客様で地毛のままです。それにしても綺麗(^ ^)

外国人風デジタルウェーブパーマの髪型

デジタルパーマでしかできない、これがリタッチパーマ!

これなら一番ダメージ気になる髪の毛先にはダメージがかからないので、パーマをかけたいタイミングで何回でもパーマをかけることができるのです。
そう!これが野田がお客様にデジタルパーマを一押しする最大の理由なんです。
パーマは傷む!という時代ではもう無くなってきました。ヘアカラーだけでなく、髪質を変えることができるパーマヘアも是非皆さんに楽しんで頂きたいです。

「パーマってカラーと違って何回もやると傷むんでしょー?」

「全然そんなことないっぽいよ!、リタッチパーマすればいいじゃん!」
・・・。

こんな会話がそのうち原宿で聞こえてくることを願い、これからも素敵パーマ女子をプロデュースさせて頂きます。
 


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /