髪や健康の話

【これが最速】家で髪を早く乾かす快適な方法を考えてみた


ふとお客様との会話で

「髪を乾かすのが本当に面倒なんです。」

と相談を頂きました。

 

そりゃ面倒だ。。。

なんといってもロングの方ともあれば10分くらいはかかる。

ましてや、夏の洗面台は暑くてしょうがない。

 

これはもう完全にめんどくさくなって乾かすに諦めちゃうパターン、、なんて方も多いのでは?

でもでも。

髪が濡れたままや中途半端に湿った状態で寝てしまうと

「不衛生」「髪が痛む」「頭皮異臭の原因」などなどあげたらきりがないくらいのデメリット。

 

それでも早く寝たい!

という衝動は逃れられない時も。。

人間誰でもそんなものです。

いつでも完璧なんて無理ですから。

 

しかし!

美容師の立場としてはここで終わってしまってはいけない!

 

最速に!快適に!髪を乾かす方法by野田流

(特に一人暮らしの女性は参考になるかも)

このくっそ暑い夏。

髪を乾かす際最も強敵となるのが「汗」

 

せっかく乾かしているのに、頭皮から顔から首後ろから汗がダラ〜っと。

 

「地味〜に髪乾かない。。」

「ドライヤー、暑っ」

「風呂の隣だから洗面台暑っ」

「あぁ、私の睡眠時間。。」

 

実は、かくいう僕もロン毛な時がありました。知っているお客様は多くありませんが。。。

ドン。

 

 

以上、証拠物件でした。

この時代、女性の皆様と同じような悩みを抱えて悶々とあがいていました。

野田は美容師界隈トップレベルの暑がりですからね。

 

美容師界隈トップレベルに暑がりだからこそ思いついた、女性の為の最速ドライヤー方法を紹介致します。

大事なのは汗を極力かかずいかにドライヤーを当てることができるか

1、準備はまず風呂に入る前に、自分の部屋の冷房をできる限りマックス下げましょう。その際に冷房の風が一番に当たる場所も把握しておくなおよし。
設定は23度[風量 弱]くらいあれば充分かと。

2、風呂上がり後カラダを拭き、速攻で冷やした部屋までダッシュ!(ここはスピードが肝心)
そう、ドライヤーは洗面台ではなく冷やした部屋で行うのがポイントです。

3、部屋の冷房風が強めに当たる場所に移動し、ドライヤーでマックスドライ!
この際の、エアコン側に背中を向け顔まわりあたりから乾かす。
7割くらい前側が乾いたら後頭部を乾かしましょう。
あとは満遍なく全体を乾かす。

もちろんこの際に洗い流すトリートメントなど使用はしっかりしましょう。

いかがでしょう?最速の乾かし方

一番のポイントは、「洗面台で乾かさなこと」

洗面台で乾かすって、普通の流れだと思うんです。
ドライヤーも各家庭では洗面台に置いてあることが多いと思うのですが。

そもそも洗面台は髪を乾かすにあたって最悪な環境という事実。

理由
1、風呂場に近い為、湿度が高い
2、たいていの家は洗面台に空調がなく暑い

それによって、暑いわ蒸してるわで髪を乾かす環境としては最低の場所なのが洗面台なんです。

乾かしていても、汗をかくと地肌が濡れてしまうので、なかなか髪がかわきません。
だから涼しい場所のほうが断然いいのです。
湿度は空気中の水分量。
少ない方が早く乾きます。

単純な理由ですが意外と見逃していた盲点。

これで今日から快適なヘアドライライフをよりよいヘアメンテライフを送って頂ければ何よりです。

また次回オススメのドライヤーの話などしていこうかと思います。
お楽しみに^_^

昔は長かったな〜。


おすすめのパーマ記事

【パーマかけたい女性は必読】綺麗なパーマをかけるために一番大事なこと

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

スーパーロングヘアにコテ巻きっぽいデジタルパーマかけてみた[写真付き解説]

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから

LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda

友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /