パーマのお話

ロングヘアのパーマにデジタルパーマがおすすめな理由


GAFF表参道本店 野田ともるです。
ロングヘアのパーマを得意としている美容師です。
毎日一人は必ずロングヘアのパーマのお客様を担当していまして、多い時で昨年12月は月間100名の方に来て頂きました。毎日4、5人は担当させて頂いたことになります。
そういった僕の経験からのお話をさせて頂きます。

さて今回は

ロングヘアにデジタルパーマがおすすめな理由について

そもそもデジタルパーマって?

デジタルパーマとは簡単に説明すると

  • 髪に乾燥作用をプラスしパーマをかける
  • 乾燥させてパーマをかけるから、家で乾かした時にパーマが弱くならない
  • だから、コテで巻いた仕上がりに一番近い質感になる

まだまだ説明すると普通のパーマとの違いはたくさんありますが、こういうところです。

写真のような感じで、パーマと同じようにパーマロッドを巻いていきます。

 

それでは、なぜデジタルパーマがロングヘアと相性がいいのか説明していきます。

ロングヘアでどうせパーマかけるなら最高級が良いに決まってる

がんばって伸ばしてきた、ケアを頑張って維持してきたロングヘアは女性の財産です。
せっかくパーマをかけるのなら

  • 仕上がりクオリティがいい
  • スタイリングしやすい

そのほうが良いに決まっています。

どうせパーマをかけるならを、言いかえると
どうせパーマかけてダメージをかけるなら、とも言えます。つまり

大切なロングヘアにパーマをかけ、髪にダメージ与えてしまうのなら一番メリットの多いパーマをかけた方がいい。ということ

[髪へノーダメージのパーマなどこの世にありません]

ノーダメージ、いわゆる髪が傷まないでパーマがかかるなど、そんな魔法なことは今の美容技術で無いと思っていいでしょう。
パーマがかかる=髪の内部の形状を曲げる=薬で髪の結合を切る=必ずダメージが生じる
どんなパーマをしても、必ずダメージがでるということ。
ノーダメージはありえません。
つまり、パーマをかけるなら(どうせダメージがかかるんだったら)ノーダメージパーマもこの世にはないし、一番メリットが多いパーマにしたほうがいいよねということです。

デジタルパーマを最高級とおすすめする一番の理由

とにかくパーマもかけようか考えているロングヘアの女性に一番伝えたいデジタルパーマの良いところ

アイロンで巻いたような最高級のツヤ感

パーマ外国人風デジタルパーマ パーマ外国人風デジタルパーマ パーマ外国人風デジタルパーマ パーマ外国人風デジタルパーマ パーマ外国人風デジタルパーマ

 

やっぱり一番の魅力は「巻いたようなツヤ感
ご覧のお客様は全てデジタルパーマの仕上がりのお客様です。
アイロンで巻いたりもしていない、乾かして、ほぐしてオイルトリートメントをつけるだけ。
他のパーマでは、ここまでのツヤ感、弾力感がなかなかでませんが、デジタルパーマならそれが可能です。

そこで僕は「外国人風デジタルパーマ」と名付けて、たくさんのお客様にパーマをかけさせて頂いています。こちらのインスタでたくさんのパーマスタイルをご覧になれます。

 

GAFF表参道本店 Topstylist 野田ともる (@cityhair.tokyo) * Instagram photos and videos

1,053 Followers, 56 Following, 1,292 Posts – See Instagram photos and videos from GAFF表参道本店 Topstylist 野田ともる (@cityhair.tokyo)

まだまだあります、ロングヘアの人がデジタルパーマに向いている理由

パーマかける際に余計な部分にダメージがかからない。

普通のパーマは、パーマ剤を髪につけるときに少しながらパーマをかけない部分にも薬がついてしまう可能性があります。
それによって、パーマをかけない部分にも少しの負担が出る可能性があるのです。
デジタルパーマの場合、クリーム状のパーマ剤を使用し、パーマをかける部分のみ限定し薬を塗布できるので、余計な部分に負担がでることがほとんどありません。
パーマ液が頭皮についたりもしないので、不快感が少ないのも特徴です。

デジタルパーマの薬つける時

 

パーマよりデジタルパーマのほうが傷む?

ここが皆様には一番気になるところだと思いますが、これに関しては絶対にパーマがいい!デジタルパーマがいい!とは決め切れません。
それぞれ人によっての髪のコンディションによってくる場合や、やりたいデザインにもよります。
理論的なことを言うと、実際はデジタルパーマに使う薬剤のほうが髪に与えるダメージは大きいです。
ただ、僕がほぼ毎日デジタルパーマのお客様を担当している経験からして

『正直に、どちらも大してかわりませんでした』

むしろパーマを繰り返している人はデジタルパーマのほうが痛みづらいのではないか?とまで感じています。

『デジタルパーマは傷むんでしょ?』というイメージの方はひとまずフラットに考えて見ることをオススメします。
パーマにしてもデジタルパーマにしても、すでに傷んでいる髪にかけてしまっては絶対に痛みますので。

パーマを繰り返している人にはなぜデジタルパーマがいいのか?

ここ!今回の記事で一番大事な部分です。
普通のパーマをロングヘアの人に繰り返しかけ続けるとどうなるか。
当然に何回もかけていたら傷んできますよね。

ロングヘアの人は特にわかりやすいのが、1→2→3部分の順にパーマが落ちてきます。
たいていの場合2、3ヶ月ペースで掛け直すことが多いですが、パーマって不思議なもので毛先の方は完全に落ちたりしないんです。
毛先の部分とは(3)の部分ですね。
(1)と(2)の部分が先に落ちてくるので、パーマが落ちて、次にもう一度かけ直そうとすると普通のパーマの場合、まだパーマが残っている(3)の部分にも薬がついてしまいます。
パーマは下の写真のような状態で、パーマロッドを髪に巻き込んでから薬をつけていくので、少なからず(3)の毛先部分に薬がつき負担がかかることになる。

 

打って変わりデジタルパーマはロングヘアのかけたい部分にだけかけることができる

先ほどの写真、毛先にはパーマが余っているのでパーマをかけずに、かけたい部分のみ薬をつけている様子です。
これを僕はリタッチパーマと呼んでいて詳細はこちらにてご覧いただけます。
実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

このように仕上がり以外の部分でもデジタルパーマがロングヘアの人に向いているメリットがたくさんあることを知って頂けたでしょうか。
しかし、何事もメリットだけではございません。

デジタルパーマのデメリット

  1. だいたいパーマよりも料金が高い
  2. パーマよりも時間がかかる
  3. 髪への負担が大きい

やはり、時間がかかる施術には、そのぶん料金設定になるのはつきものであります。
髪への負担についても仕方ないものですが、こちらの記事を見ていただければ負担がかかる理由にはご理解いただけるかと思います。

【パーマかけたい女性は必読】綺麗なパーマをかけるために一番大事なこと

こうやって良いところと悪い部分を考えても、良いことのほうが圧倒的に多いのがわかっていただけたかと思います。

ロングヘアの方は是非パーマをかける際には、デジタルパーマでお願いしてみてください。

 


おすすめのパーマ記事

【パーマかけたい女性は必読】綺麗なパーマをかけるために一番大事なこと

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /