パーマヘアの仕上がり

パーマおちやすい・かかりにくい方はパーマの種類を検討してみては?オススメ紹介


パーマ得意な美容師、GAFF表参道の野田です

パーマヘアの前回記事
パーマ=傷む、そんな時代に終止符を打つべく考案「リタッチパーマ」 |

パーマの失敗例としてよくあるトラブル

「パーマがすぐにとれた」

パーマをかけたい!と思ってもお客様によぎる不安といえば、「私の髪質ってパーマかかるのかな?」ですよね。
野田のもとへ新規でいらっしゃるお客様で一番多い悩みが、パーマをかけてもすぐにとれてしまったというトラブル

でもそれって実の原因は「そもそも論でパーマがかっていないんですよね」
はじめっからちゃんとかかっていないから落ちる。
パーマがかかりにくい髪かどうこうの前に
“適切にパーマがかかっていないから落ちてしまった”というのが正しいです。
しっかりとかかっていればパーマというものは切らない限り半永久的に落ちません。
実際にパーマをかけて一年ぶりに来店されたお客様の髪を見た経験もあり、腰まで伸びた髪の毛先にはパーマは残っていました。これには驚きましたね。

すぐにパーマがとれやすい髪質とは?

僕の経験上一番にパーマがとれやすいかなと感じることが多い髪質は、「超柔らかい軟毛さん、猫っ毛さん」
もちろん、人によって軟毛さんでも様々。
パーマをかけてみると難なく綺麗にかかり、意外と上手くかかりましたね。なんてことはよくあります。

でも!
一番かかりにくい髪質であることには変わりありません。油断せず。。

軟毛猫っ毛の人にオススメのパーマは?

オススメできるパーマはやはりデジタルパーマ
軟毛さん猫っ毛さんは、パーマを乾かすと弱くなる傾向にあるので、乾かしてもパーマが弱くなりづらい特性のデジタルパーマが相性良いのです。

猫っ毛軟毛のお客様へデジタルパーマをかけた仕上がりのお客様

外国人風デジタルウェーブパーマの髪型 黒髪外国人風デジタルウェーブパーマの髪型 黒髪外国人風デジタルウェーブパーマの髪型 黒髪外国人風デジタルウェーブパーマの髪型

いかがでしょう、軟毛猫っ毛さんタイプお客様に、デジタルパーマ特有の乾燥作用をあたえてパーマをかけることで、ツヤ感・ウェーブのくっきり感がしっかりでています。

軟毛猫っ毛さんでもパーマはかかる!!

これは一例にすぎませんが、まず諦めてしまわずに一度ご相談下さい(^ ^)

そして最後に重要なことを一つ、「パーマはウェーブやカールをつける施術であり、髪質を硬くする施術ではありません。」
あくまで元の髪質より髪が硬くしっかりとなりウェーブがつくわけでなく、もとの髪質に対してウェーブがかかるんですよ〜という事をお忘れなく。
素敵パーマ女子になりたい方は是非ご来店下さい〜!


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /