日々日常

初心に帰るという言葉が響いて自分の初心を考えた


アメアパ時代の先輩で髪でずっと髪を切らせてもらっている工藤大輝さん(Da-iCE)

Da-iCE工藤大輝が、ガチで路上ライブに挑戦‼その時、まさかの奇跡が巻き起こる⁉|avex management Web

当日ちょうど髪を切りにきてくれていて、このあとちょっと用事が〜なんてテンションで颯爽と去っていき。
何かな〜?と思っていましたが、こういうことだったのですね。かっこいいですな。

自分も、美容師で初心に帰る部分ってなんだろう。と考え方させられた記事でした。

僕が美容師になろうと思ったきっかけは

、高校生のころ「毎日いろんな人と出会って新鮮な仕事がいいな」と漠然と考えていて、なんの仕事がいいんだろ〜となり
当時とにかく服が好きだった
とにかくオシャレすることが生きがいみたいな感じで、バイトしては買いバイトしては買いと。

毎月服ばかり爆買いしていた、服バカ高校生。
そんで、仕事は将来どーしよーと考えたとき。
服は仕事にしたくないなと思い、なんだろうなー?と考える
「あ、髪はみんな素材違うしフルオーダーメイド。好きな洋服も毎日切れてオシャレしながら仕事できて毎日いろんなお客さんに出会えて最高じゃん!」
と。そして美容学校へ行こう!と高2の夏に決めました。

さて、今の自分どうなんだよ。

毎日ボーダー着てる場合じゃないでしょ?俺
毎日オシャレ楽しんでんの??

何だか10年前の自分に言われた感じです。

初心に帰ってみる。

いいことだ。

歌ってかっこいいよな〜。

 


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /