パーマのお話

パーマとカラーを同じ日にやっていいか悪いか


パーマが得意な美容師、GAFF野田ともるです。

パーマをやりたい!そんな時に、カラーも一緒にやってもいいの?

一般論で言えば、全然OKです。がいちがいには全てがOKというわけでなく、パーマの際にどういう薬剤を使うのかによっての同時不可の判断が必要、、、と法令規則でさだめられてる規則もあります。

 

結論言うと全ては担当美容師の考え方次第

A,一緒にやると痛みがひどいのか?

Q,髪のコンディションによってきます。

こういった質問も多くいただきますが、全ては髪のコンディション次第です。

自分ではわかりません。必ず美容師にそこらへんの判断はゆだねるべきです。

 

 

そこで素敵なパーマをかけたい女性へのアドバイス

1、まず初めて行くお店や美容師にパーマをお願いする場合はパーマのみの方が良い

 

なぜか?それはお互いの信頼度おありますが、まずは美容師側がお客様の髪の質を読み切れない可能性もあるから。

だいたいはパーマのあとにカラーをする場合が多いのですが、万が一パーマがゆるすぎる結果になってしまっては、そのままカラーに進めませんよね。その万が一が起きる可能性がゼロではないから。実際に私自身もご新規様100人に一人くらいはそういうトラブルもあります。

ですから、まずは「シンプルにカット&パーマで」

 

そしてそこでパーマを成功させ、美容師への信頼度がより明確になってからカラーをしにいってもいいのです。その方が間違いなく『失敗』というリスクは減ります。

 

逆に、何度も来ていただいているお客様は?

即答で同時施術OKです。なぜならもう信頼関係ができている、美容師への信用もあり

髪質の理解も深い。『失敗』のリスクは大きく減ります。

 

とにかく初めてのお客様は、まず、リスクをとらない判断で上手にパーマをかけていきましょう。あくまで私のなかでの価値観です。ご参考ください。

 

 

 
 


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /