ヘアカラー

[外国人風]透明感・柔らかさ・赤み無し、野田のヘアカラーの秘密   


[外国人風]透明感・柔らかさ・赤み無し、野田のヘアカラーの秘密

最近はほぼ毎日、デジタルパーマのお客様を担当してます。そんな日々のなかお客様から人気のヘアカラーをちょっと紹介します。

GAFF野田といえば、、昔は「ショートカット」が得意、、今は「外国人デジタルパーマ」、、、とその時々のお客様に提供することの多い髪型のブームがあり、大きく分けてこの二つでした。

しかし、いつどんな時でも

やっぱヘアカラーが好き

カットも好き、パーマも好き。(アップなどのヘアセットは苦手です。。)

しかし、いつなんどきも、ヘアカラーを考え、お客様に塗り、仕上がりを見てもらう時の瞬間がたまらなく好きです。

 

そんな僕がお客様のヘアカラーでこだわっていること。

「何よりも透明感」

「光の透け感」

そういうヘアカラーを求めている方が多いのも時代的にはあるのですが。

 

例えば透明感を出すためには、ある程度染める前の髪の状態が大事です。

 

ビフォー写真

IMG_6648

 

前回にハイライトを全体的に入れていて、色が落ちた状態。すっごい明るいですよね。これはこれで綺麗なんですけど、、、好きな方は好きなはず。。
もうこのくらい染める前に明るい状態であれば、

「どんな色でも大抵は綺麗に染まります」

 

IMG_6407

 

さて、ここでこれだけ某大にあるカラー剤から、求める色の選定が始まります。僕の場合、もう一瞬です。瞬間的にこれ!と考え、、、と言いたいところですが、1分くらいだいたい考えています。(たまに3分くらい悩むカラーの場合も。。。)

 

そしてカラー剤決定!!

IMG_6408

 

そう、こちら『THROW』というカラー剤

日本人の地毛が持つ”赤みを消す”事に、とことんこだわったカラー剤。6月に全国一斉発売しGAFFにも取り扱いはじめました。(僕が我が社にゴリ押しして入れてもらったのは内緒)

カラー剤というのはメーカーのよって特色が違い、GAFFでは7、8社のメーカーを扱いお客様に合わせ、調合を吟味しています。

 

 

さぁ完成はいかに!!

極上アッシュの完成!

IMG_6660

 

IMG_6661

 

外の光でみても綺麗なアッシュ

 

IMG_6678

 

渾身の極上アッシュ。いかがでしょうか。

大事なのが、『染める前の髪の状態』 単純なんですけど、明るければ明るいほど綺麗な色がでます。かといってブリーチ・脱色をして金髪にまでする必要はありません。今回のお客様のようにハイライトを自然に含ませながら、「明るいベース作り」をおこなっておき、綺麗な色がでやすい状態をつくるというのもひとつの方法です。

(ハイライトはそこまでダメージをだしませんが、パーマや縮毛矯正をやりたい方はオススメできません)

 

仕事場の規則が厳しくない方で、興味がある方は相談してくださいね。

 


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /