NEWS

美容室に行く時はどうしてほしいとか考えていった方がいいの?


悩ましい方も多くいらっしゃると思うので。ぼくの考えを

たまに申し訳なさそうに。「すみません、なにも考えてきていなくて」
とおっしゃるお客さまもいらっしゃるのですが、僕としては

全然オッケー」ですからね。


どうしても、美容室に行く=どうするか考えて美容師に伝える、そしてやってもらう。

そんな流れがイメージされると思うんですけど、もうちょっと髪型の考え方って発想を広げていいと思う。もちろんお互いの信頼があってのことで
「今日はどうされますか?」としか聞かれないイメージの美容師は変えていかなくちゃいけない。
お客さまの「今日はこうしてください」と言わなきゃいけないイメージも変わってくると思うので

ちなみに、僕自信は完全に提案するスタンスでやっています。お会いした時の服装、メイク、お顔の雰囲気、などなど

見てお話して、髪にふれ、一瞬のなかで脳内ミーティングと直感とのすり合わせが行われ。。

「こうしましょう!」が生まれる感じです。

発想の根拠はどこにあるのか?

一番重要視しているのは、その方が髪を切り染めてパーマして。。。

結果まわりにどう見られるのか

そこがゴール地点です。一人ひとりの方に合う、まわりに対してにベストな魅せ方を常に考えています。

髪を切る、染める、パーマをかける、はあくまで手段である

やった結果ひとりの人をどう魅せれるか。髪を切る染める、という感覚よりもひとりの女性像を作り出しています。

もし皆さんに考えて貰えると嬉しい事があるとすれば、、、
「なんとなく自分がどういう雰囲気になりたいのか」

そのくらいでしょうか。あとは逆に消去法的な考えもアリです。

なかには自分自身が何がいいのかわからないから 、こうなりたい!ともいえない方もいると思うんです。そういう場合は

「こうはなりたくない」

それだけ教えていただければ、充分。

例えば、可愛くは嫌、大人ぽくなりすぎは嫌

ヘアカラーが暗すぎるのも嫌。長さだけは絶対に切りたくない

など。今まで数千人のカウンセリングをしていて感じたことですが、こうなりたい!ということよりも、これは嫌だ、ということが明確である方が多かったのです。

人って好きなものの反面、嫌なものもはっきりしているんですよね。好きなものがなくて自信が持てないと思う方も、逆に嫌いなものをまとめたら、好きが現れるでしょう。

逆転の発想。
そういう考えも参考にして頂きながら、美容室に行った時のオーダーが楽になってもらえれば幸いです。
あ、もちろん

信用しているからお任せでいいよ!という方も遠慮せず教えて下さいね。

野田は超提案型(お悩みは聞きたい)スタンスの美容師です!よろしくお願いします!

 


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /