ヘアカラー

野田的なヘアカラーの美学


昨日雑誌MUSEを見ていて・・・思った

それは”一色に染めない美学” というのもいいのではないか??という事

そんな思いテーマで、実際に染めて、パーマをかけたお客様に作品撮りのモデルになっていただきました。(写真は許可済み)
  


「カラーは〜〜でお願いします」ご新規様も担当させていただく中、圧倒的に一色で染めるオーダー率が高いのが日本の女性。

ふと疑問に思う時があり、一色均一でなくてもいいのでは?という事。むしろ、グラデーション気味にしたり、暗いところ明るいところ作ったりして、日本人特有の黒い根元の髪が伸びてきたときに目立たないカラーにするのもいいのでは?
(ちまたでは外国人風など言いますが、なんかこっ恥ずかしい人もいると思うんです。そんなオーダー言い出しづらい。。。のような。)
僕には何でも頼んでください。そんな思いから、一色に染める以外にもこういうのもあるんですよ〜という紹介です。

もちろん一色の綺麗さにこだわるのも美学ですから、そこをお忘れなく!私もそういうカラーは元々大好き。気なってやってみたい方は、野田に事前にLINE@から連絡くださいませ〜(^^)

野田LINE@の記事

 


おすすめのパーマ記事

外国人風デジタルパーマってどういうの?紹介記事はこちら

美容室でパーマ失敗しない為に知っておくべき【5つのコト】

パーマとカラーを一緒にやっても大丈夫なのかお答え記事

実は知られていない驚きのリタッチパーマとは

早く簡単きれいになるパーマの乾かし方記事

 

GAFF表参道本店|デジタルパーマスペシャリスト野田ともる
予約詳細はこちらから


LINE@で髪の相談・予約のご連絡気軽にどうぞ!
美容情報も配信しています
IDの検索は→@tomorunoda
クリックで簡単登録
友だち追加

パーマヘアを毎日更新インスタグラム
@CITYHAIR.TOKYO

自由につぶやき中TWITTER
@akariga

野田ともるFACEBOOk

ウェーブパーマ スペシャリスト
野田ともる
Gaff表参道本店トップスタイリスト 主な女性客層は20代~30、40代と幅広い。 私生活で出来ない髪型はつくらない、リアリティの追求をテーマに、デジタルパーマ・ショートカット・外国人風なヘアスタイルを得意とする。特にコテ巻きのようなデジタルパーマを得意とする美容師
\ Follow me /